クラウドソーシングでニャー

クラウドソーシングと猫の2つをテーマにした新しいウェブメディアです。仕事や家事に疲れた時にちょっぴり癒やされるようなメディアを目指しています。

クラウドワークスが運営する「クラウドソーシング×」をテーマにしたウェブメディアです。

猫には危険なチョコレート!食べたらどうする?食べない工夫は?大切な猫を守る方法

f:id:cwcat:20160705185349j:plain

人が何か食べているといつの間にかやってきて、鼻をピクピクさせながら催促する猫。その愛らしい姿に思わず分けてあげたくなりますよね。

でも、人には美味しいものでも、猫には毒になることがあるのをご存知ですか? ここでは、チョコレートが猫に及ぼす害と、もし誤って食べてしまったときの対処法についてご紹介します。

 

チョコレートがなぜ猫に危険なの?

猫がチョコレートなどのカカオ製品を食べると、一般的に「チョコレート中毒」と言われる症状を起こすことがあります。チョコレート中毒は、最悪の場合死に至ることもあるとても危険度の高いものです。

 

チョコレート中毒の症状は?

チョコレート中毒の主な症状は、嘔吐・不整脈・下痢・震え・発熱・痙攣・興奮などです。ハーハーと苦しそうに息をしたり、フラフラすることもあります。

食べた後4時間以内に症状が現れることが多く、長い場合は症状が3日間ほど続くことがあります。

多くの場合は食べたチョコレートを吐き出させることで助かりますが、食べた量や食べてからの経過時間によっては、とても危険な状態に陥ることがあります。

 

猫がチョコレート中毒になる理由

原因はチョコレートの中に含まれる「テオブロミン」という成分によるものです。テオブロミンは、人が摂取しても肝臓で代謝されるので害を及ぼすことはありませんが、猫はテオブロミを代謝・排出することができません。そのためテオブロミンが体内に留まり、中枢神経に働き心臓毒となることで中毒症状を起こすのです。

 

テオブロミンが含まれる食べ物と 危険な摂取量

テオブロミンはチョコレート、チョコレート以外のカカオ製品、ココアやコーラにも含まれています。苦味の強いビターチョコレートや、パンなどの調理に使われるベーキングチョコレートには特に多く含まれ、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートには比較的少ないとされています。

チョコレート中毒の危険度は、摂取量が多ければ多いほど高くなります
動物病院の先生によると、チョコレート中毒の症状は、テオブロミンを、体重1kgに対して20mg以上摂取すると発症する場合が多く、100~200mg程度の摂取で重篤な状態になることがあるとのことです。

 

一般的な板チョコは1枚50~60gです。1枚あたりに含まれるテオブロミンの量はおおよそ下記のとおりです。
・ミルクチョコレート・・・約70mg/1枚
・ベーキングチョコレート・・・約850mg/1枚
体重が4kg程度の猫だったら、ベーキングチョコレート約半分程度で致死量に至るということですね。

f:id:cwcat:20160705190018j:plain

 

猫がチョコレートを食べてしまったら!

もし猫がチョコレートを食べたことに気付いたら、まず吐き出させることが大切です。
すぐに動物病院へ行ける場合は早急に受診しましょう。

夜間や動物病院が遠い場合など、すぐに動物病院へ行けない場合は、飼い主さんが吐かせる処置をすることになります。
人間と同じように、指か、綿棒やボールペンの後ろなど、細い棒状のもの(猫の口腔内を傷つけない形のもの)で、舌の根元部分を刺激して吐かせます。
吐き出させた後は刺激を与えないように安静にして、後日速やかに動物病院を診しましょう。

チョコレート中毒の危険度は、食べた量と経過時間で決まります。
チョコレートを食べた時間、量、チョコレートの種類など、正しい判断をするための手がかりになる情報を、獣医さんにきちんと伝えられるようにしておきましょう。
食べたチョコレートの成分が書かれた箱などを持っていくこともおすすめします。

食べたチョコレートの量によっては大事に至らない場合もありますが、猫の健康に良いものでないことは間違いありません。解毒剤のような特効薬はないので、時間が経つ前に体外に出すことが肝心です。
何より早い処置が危険回避のカギになります。猫の異変に、飼い主さんがいち早く気付いてあげてください。

 

甘いものは食べないから大丈夫?その油断は禁物です!

基本的に猫は、甘いものにさほど興味を示しません。でも「うちの子(猫)は甘いものは食べないから大丈夫」と思っている方は要注意!

猫は遊びの天才です。チョコレートには興味がなくても、チョコレートの形や包み紙には興味津々かもしれません。
輪ゴムや、おもちゃのネズミなど、とんでもないものを食べちゃう子もいます。猫が夢中で遊んでいるうちに、舐めたりかじったりして食べてしまうトラブルはよくあることなのです。

食べても害のないものならよいのですが、チョコレートは猫にとって毒になります。冷蔵庫や猫が開けられない入れ物の中など、絶対猫が口にできない場所に仕舞っておきましょう。

飼い主さんが食べているものを好んで食べたがる猫もいます。普段から人間の食べ物を与えない習慣をつけるのも、チョコレートを誤食させない方法のひとつですね。

 

f:id:cwcat:20160705190252j:plain

まとめ

人間には美味しくても、猫には毒になるチョコレートの危険と、対処のしかたについてご紹介しました。他にも玉ネギ、スルメ、レーズンなど、猫が口にすると危ないものはたくさんあります。実は家の中には、猫にとって危険がいっぱい隠れているのです。

「玉ねぎがダメなのは知っているけど、チョコレートは知らなかった」という方もいらっしゃったのではないでしょうか?
飼い主さんが正しい知識をもつことで、愛する猫の危険を減らすことができるのです。是非猫好きのお友達にもシェアしてあげてくださいね。

愛猫の健康は、飼い主さんがしっかり守ってあげましょう!

 

この記事は

猫が大好きなクラウドワーカーさんに書いて頂きました。

クラウドワークスには猫が大好きな方、猫に詳しい方がたくさんいらっしゃいます!この記事は、次のページで募集させていただきました。

copyright (c) CrowdWorks all rights reserved.