クラウドソーシングでニャー

クラウドソーシングと猫の2つをテーマにした新しいウェブメディアです。仕事や家事に疲れた時にちょっぴり癒やされるようなメディアを目指しています。

クラウドワークスが運営する「クラウドソーシング×」をテーマにしたウェブメディアです。

ふわふわモフモフがたまらない! 気品溢れる猫 チンチラの特徴

フワフワの毛並みとゴージャスな雰囲気をもつチンチラ。
猫好きなら誰だって一度は「飼いたい!」と思ったことがあるのではないでしょうか?
そんなフワフワモフモフがトレードマークの猫 チンチラのご紹介です。

 

チンチラ?ペルシャ猫?

f:id:cwcat:20160706123119j:plain

チンチラとそっくりな猫にペルシャ猫がいます。

日本でおなじみ、チャーミーキティもペルシャ猫だって知ってましたか?
実はチンチラとペルシャ猫、同じ品種なのです。

1880年代のイギリスでブルーのペルシャ猫と雑種猫、さらにはシルバータビーの毛色のペルシャ猫をかけ合わせて誕生したのがチンチラです。

愛好家たちはチンチラをペルシャ猫から独立した品種として登録しようとしましたが、毛色の他にこれといった特徴がないのでチンチラをペルシャから独立した品種と認めていない国が多いのが現状です。
キャットショーではペルシャ猫の中のチンチラ部門としてショーが行われています。
 

 

チンチラの特徴 

f:id:cwcat:20160706123225j:plain

ペルシャ猫の中でも「シルバー」「ゴールデン」などの毛色を持つ猫がチンチラと呼ばれます。

また目の色は緑色や美しい翡翠色(青色)とされていますが、中には金色に光り輝く瞳をもつチンチラもいます。どの子もはっきりとした黒いアイラインに縁取りされた大きくて丸い瞳を持っています。

骨格がしっかりしていて手足が短いのも特徴の一つで、ボリュームのある被毛のため見た目は丸っこくずんぐりむっくりしていてとても愛らしいです。
加えて鼻ぺちゃもチンチラの特色の一つで、一見気高い雰囲気を醸し出しているチンチラですが、実はとても愛嬌のある猫種なのです。

 

チンチラの性格

長毛種の猫は短毛種の猫と比べて一般に性格がおっとりしていると言われています。
チンチラも例外ではなく、おっとりしていて物静かな性格ですが、少し神経質な部分もあります。
気分屋な面も持ち合わせていて、今までべったり甘えていたかと思うと急に一人になれる所にいってしまったり・・・。

そんなツンデレな性質もチンチラの魅力の一つでしょう。
あまりしつこくすると嫌われるので、そんな時はそっとしておいてあげて下さいね。

また鳴き声をあげることは滅多になく、運動量も他の猫と比べて少ないのでマンションなどの室内飼いに適しています。

 


チンチラの平均体重

被毛にボリュームがあるため、大きく感じがちなのですがチンチラの平均体重はオスが3〜5.5kg、メスが3〜5kgです。

他の猫に比べて意外にそんなに大きいわけではありません。
 

 

チンチラの平均寿命・かかりやすい病気・注意すべき点

チンチラの平均寿命は15才〜20才とされています。

多発生のう胞腎という遺伝性の疾患にかかりやすいようです。親猫がこの病気を発症していれば50%の確率で発症すると言われています。
発見が遅れがちな上に、進行してしまうと腎不全で亡くなってしまうという治療法のない病気です。
なので出来れば、飼う時には両親や兄弟猫の情報がわかるブリーダーさんから直接購入するのがオススメです。

また眼瞼内反症、流涙症といった眼の病気にもなりやすいです。こまめに眼の周りをきれいにしてあげて下さいね。

 

チンチラに限らず、猫は体質的に尿結石の出来やすい傾向にあります。
尿結石を防ぐために綺麗なお水をたくさん飲めるように工夫し、普段からおしっこの色や量に注意してあげてください。

 


チンチラの飼い方

美しい被毛が特徴のチンチラ。

その美しい被毛を保つためには朝晩のブラッシングや定期的なシャンプー、カットは欠かせません。
特に春〜夏、秋〜冬の換毛期は毛が抜けやすいのでマメにブラッシングをしてあげて下さいね。
抜け毛をきちんと処理しないと、自分で毛づくろいする時に毛を飲み込んで毛玉症を起こすことがあります。

 

猫は飲み込んだ毛玉を自分から吐き出すことが出来ますが、毛玉を吐きやすくしてあげるためにも、猫草を用意してあげて下さいね。
毛玉対策用(ヘアボールケア)のキャットフードを選んであげることもおススメですよ。

運動量はそれほど多くないためマンションなどの室内飼いでも問題ありませんが、肥満になりやすい子が多いので時には猫用のおもちゃを使って遊んであげるようにしてください。
猫ちゃんと飼い主のコミュニケーション、ストレス解消にもなりますよ。

 

また静かな暮らしを好む傾向にあるので、多頭飼いよりも単頭飼いの方が向いてるでしょう。


チンチラの値段

f:id:cwcat:20160706123555j:plain

チンチラの値段は15万〜30万円程。

個体によって値段に差があるのは、月齢や器量の良し悪し、血統書によって差があるようです。

でも一概に高ければいいと言うものではありませんので、ご自身の好みや相性で選んであげて下さいね。

 

最後に

チンチラの平均寿命は15才〜20才です。中にはそれ以上生きる子もいます。

人間で言えば赤ちゃんが大人になるくらいの期間を一緒に過ごします。
ただ安易に「かわいいから」「飼ってみたいから」という気持ちだけで飼うことを決めずに、15年先20年先ご自身がどうなってるか人生設計をしっかり考えてから飼うようにして下さいね。

 

この記事は

猫が大好きなクラウドワーカーさんに書いて頂きました。

クラウドワークスでは猫と一緒に暮らす方や猫にまつわる豆知識をお持ちの方などに記事作成を依頼できます。

この記事は、次のページで募集させていただきました。

copyright (c) CrowdWorks all rights reserved.