読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドソーシングでニャー

クラウドソーシングと猫の2つをテーマにした新しいウェブメディアです。仕事や家事に疲れた時にちょっぴり癒やされるようなメディアを目指しています。

クラウドワークスが運営する「クラウドソーシング×」をテーマにしたウェブメディアです。

フサフサの毛が魅力的! 穏やかな巨猫メインクーンの特徴と飼い方

この記事は今現在メインクーンを飼っている方、これから飼いたいと考えている
方、全ての猫好きさんのために作成しました。
一言で「猫」といってもその種類や個体により様々な性格や特徴に合った飼い方があります。
もし間違った飼い方をしてしまったら、病気になったり飼い主さんや猫ちゃんがストレスを抱えてしまう場合もあります。

今現在メインクーンを飼っている方も、これから一緒に生活を始めたいと思っている方も、メインクーンのことをもっともっと知って、素敵なニャンコライフを送りましょう!

 

メインクーンの歴史・原産国

メインクーンの原産国はアメリカです。
元々アメリカにいた短毛の猫とヨーロッパから連れて来られた長毛の猫が交配して誕生したと言われています。
フサフサの毛並みや尻尾がアライグマ(ラクーン)に似ている事からメインクーンと名付けられました。
アメリカで最古の猫と言われており、1600年頃からネズミ獲りをする猫として飼われていたようです。

 

メインクーンの特徴

More Leo!

メインクーンは「穏やかな巨人」と愛称がつくほど、大きな身体が特徴的です。
ギネス記録に認定されたメインクーンは体長が123cm、体重が15.8kgもあったそうです。
一般的なメインクーンは成長すると体長が100cmほど、体重はオスで平均6〜9kg、メスは3〜6kgになるようです。
またピンと尖った耳もチャームポイントのひとつで、耳の中には飾り毛がたくさんあり、耳の先端にはリンクスティップと呼ばれる房毛があります。
がっしりとした筋肉質な身体は寒さに耐えられるよう、フサフサの長い毛に覆われています。
また、アライグマのようにフサフサとした尻尾を持ち、「世界一長い尻尾の猫」としてギネス記録に認定されたこともあります。
被毛のカラーは「ブラック」「ホワイト」「レッド」「ブルー」で、瞳は被毛のカラーにより「ブルー」「グリーン」「ゴールド」「カッパー」「オッドアイ」などの色を持っています。

 

メインクーンの性格

メインクーンは「穏やかな巨人」と言われるほど、温和で優しい性格の持ち主です。
甘えん坊で人によくなつき、人とともに行動をしたがるので寂しがりやの飼い主にはぴったりの猫種です。
オスに比べてメスの方が独立心が高い傾向にあるようです。
また猫の中でも知能が高く、遊び好きで犬のように投げたボールを持ってきたり、トレーニングのしやすい猫と言われています。

 

また大きな身体に似合わず、その鳴き声は普通の猫よりも甲高いです。
ゴロゴロと喉を鳴らすような声と「ニャー」という猫の鳴き声を掛け合わせたような声が特徴的で、普通に「ニャー」と鳴くメインクーンの方が珍しいくらいです。

 

メインクーンの飼い方

メインクーンは滅多に鳴くこともなく、温和な性格のためマンションなどで飼う場合や初心者さんにとっても、とても飼いやすい猫種です。

身体が大きく運動量を確保するためにも、出来るだけ広い部屋で飼育するのが望ましいですが、キャットタワーや棚などで部屋の中に高低差をつけ遊び場を増やしたり安心して休める所を作ってあげると小さな部屋でも問題なく飼育することが出来ます。

ただ、身体が大きいためキャットタワーは足場が安定するようにしっかりと固定し、棚なども事故防止のためにしっかり足場を確保するようにして下さい。
また運動不足を防ぐためにも、猫じゃらしなどを使って遊びたっぷり身体を動かすようにしてあげて下さい。
 

長毛種のため、毛の手入れがとても大切になってきます。
毎日朝晩2回のブラッシングが理想的ですが無理な場合は最低でも週に2〜3回はやってあげるようにして下さいね。
特に春から夏にかけては換毛期と言って毛が大量に抜け変わる時期になります。
猫やご自身が病気にならないためにもしっかりブラッシングするようにして下さいね。

食事は成猫の場合は朝晩1日2回、子猫の場合は1日3回必要になってきます。
猫の様子を見ながらキャットフードの製品パッケージに記載されている量を目安にあげるようにして下さい。
お水は新鮮なものをいつでも飲めるようにしてあげて下さいね。

 

メインクーンの平均寿命・かかりやすい病気

メインクーンの平均寿命は11〜14年前後です。メインクーンは大人になるまで4
〜5年ほどかかると言われていますが、意外にも平均寿命は他の猫とそう変わりません。猫を長生きさせる秘訣は、食事面に気を使うこと、外に出さないこと、去勢避妊手術をすること、ストレスない環境で育てることなどが重要になってきます。
でもどんなに大切にしても生き物です、病気にかかることだってあります。

メインクーンのかかりやすい病気としては心臓病のひとつ「肥大性心筋症」、遺伝的な病気の「脊髄性筋萎縮症」「多発性嚢胞腎」などがあげられます。
少しでも愛猫の様子がおかしいと思ったら動物病院で診てもらうようにしてあげて下さいね。

 

メインクーンの値段

メインクーンを購入する手段としてはペットショップで購入する、ブリーダーから購入する、里親サイトなどで見つけるなどの手段があります。
ブリーダーから直接購入する場合はおよそ10万円前後、ペットショップで購入する場合は10万〜15万円前後必要になってきます。

 

最後に

ここまで読んでくださってありがとうございます。
いかがでしたか?大事な猫ちゃんと少しでも長く一緒にいるためにはその猫に合った飼い方、環境が必要になって来ます。

動物を飼う場合、相手も生き物です。自分が思った通りにならない場合もあります。
困ったことや不安なことだって出てきます。
でも少しでも飼い主さんや猫ちゃんが幸せになれるように、この記事を見て猫ちゃんのこと、理解してあげて下さい。
もし周りでメインクーンを飼おうか悩んでる方や飼い始めたばかりの方がいたらこの記事を読むことをお勧めしてあげて下さい。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

copyright (c) CrowdWorks all rights reserved.