クラウドソーシングでニャー

クラウドソーシングと猫の2つをテーマにした新しいウェブメディアです。仕事や家事に疲れた時にちょっぴり癒やされるようなメディアを目指しています。

クラウドワークスが運営する「クラウドソーシング×」をテーマにしたウェブメディアです。

人間の言葉がわかると言われているワイルドな猫 ピクシーボブの基礎知識

f:id:cwcat:20160812173153j:plain

はじめに

まるで山猫のようなルックスに、キラリと光る目。ピクシーボブはその外見的なワイルドさも大きな魅力の1つです。山猫の血をひいていると言われていた(後に否定されましたが)大きな身体のこの子は、性格までワイルドだったりするのでしょうか?実際にこのワイルドな子と室内で仲良く暮らしていくことができるのでしょうか?そんな心配はしっかりと吹き飛ばしてさしあげます。まずはピクシーボブについての基礎知識について触れていきたいと思います。


ピクシーボブの由来・定義

ピクシーボブの起源は比較的新しいものです。1985年にワシントン州に住むキャロル・アン・ブリュワーという女性がカスケード山脈の麓で手に入れた子猫が始まりと言われています。
キャロルは、手に入れた猫が土着のヤマネコである「ボブキャット」の子孫ではないかと考え、隣人が飼うブラウンスポッテッドの猫と交配させました。そうして生まれた子に「ピクシー」と名付け、新しい品種の確立を目的として、さらに繁殖活動を行いましたが、その生まれてきた子猫達に「ボブキャット」の血筋がない事が判明しました。

ザ・キャット・ファンシリーズ・アソシエーション(The Cat Fanciers' Association INC 通称:CFA)ではネコ科で野生種の血が入った品種登録は受け付けていなかったために登録はされませんでしたが、ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション(The International Cat Association 通称:TICA)で新種として登録される事になり、それが現在の原型となっています。

(参考:http://tetoan.com/cat-picture/pixie-bob/)

 

 ピクシーボブの性格

そのワイルドかつ大きな身体からは想像できないほど温和で、「人間の言葉がわかる」と言われているほど賢い猫です。また社交的で飼い主にもなつきやすく、他の猫がやって来ても仲良くすることができるため、多頭飼いにも向いていると思います。ただし、ピクシーボブの多頭飼いだと、相当なインパクトがありますね。

反面、とても寂しがり屋で甘えん坊のため、この子との接触はしっかりと保ってあげてください。もし多頭飼いなどしていると、他の子に嫉妬してしまうことがあります。


ピクシーボブの平均的な大きさ・体重

ピクシーボブはどこまで大きくなる猫なのでしょうか?多少とはいえ山猫の血を受け継いでいるため、かなり大きくなることが予想されますが、ドキドキしながら調べてみました。その結果、雄猫で5.2kg~7.5kg、雌猫で4.0~6.2kgというザ・大型猫でした。


ピクシーボブの多指症について

実はピクシーボブというのは多指症の子が多いそうです。しかしこれもピクシーボブの特徴として公認されています。通常猫の前足は5本、後ろ足は4本ですが、ピクシーボブの場合は前後どちらも7本までならOKとのことです。

 

ピクシーボブの平均寿命

これも大切なことですので、調べてみました。だいたい、12歳~14歳というところのようです。これは他の猫と比べてみると、やや短命な傾向にあります。しかし、普段から栄養管理や、健康管理を徹底することで長生きの可能性も出てきます。
特にピクシーボブは遊び好きですが、重さもある猫なので、下の部分の作りがしっかりした、低めのキャットタワーを設置して運動させてあげてください。
また大きくなる品種なので、高カロリー・高タンパクの食事が良いと言われています。


ピクシーボブの価格

ピクシーボブはアメリカでは人気があるのですが、日本では大人気というわけではありません。そのため、ペットショップでの販売も、ブリーダーさんからの購入もかなり難しい場合があるかもしれません。

ただ、その中で見かけた価格としては、ペットショップで15~20万円前後、ブリーダーさんからのフルブリーダータイプ(ブリーダーから見て理想的とされる種類)で、20~30万円程度になると思われます。

とにかく日本での購入がやや難しいため、どうしても欲しい人はペットを扱う輸入代行業者を利用するのもひとつの手だと思います。

 

ピクシーボブの育て方・しつけ方

■育て方

ピクシーボブはとにかく甘えん坊で、飼い主と一緒にいるのが大好きです。廊下を歩いていると、まるで犬のように後ろをついてくることもあるそうです。気性も穏やかですし、甘やかしすぎない程度によくかまってあげるのが一番だと思います。


■気をつけること

ピクシーボブはとにかく甘えん坊です。きちんとケアしてあげなければ拗ねてしまったりすることもあるので、時間を見つけて上手にかまってあげてくださいね。

 

ピクシーボブのかかりやすい病気

ピクシーボブがかかりやすいのは、尿路結石と言われています。
猫の場合、肝臓の働きの強い子だと、結石になりやすい子がいますが、ピクシーボブもそうなのでしょうか?
結石の防止のためには、キャットフードを結石ができにくい低カルシウムのものにすることと、いつでも好きなだけ水が飲めるようにしておいてあげることくらいしかできません。


■尿路結石の兆候

  • トイレに行ってもおしっこをせずに、出たり入ったり、砂を搔いたりを繰り返す
  • おしっこが出なくてくるしいので、いつもと違う鳴き声で鳴く
  • 痛みが強くなってくると、極端に活動量が減る

以前結石になりやすい子が家にいましたが、2番めの症状になれば、ほぼ確実に結石の症状だと思っていいと思います。すぐに獣医師に見せてあげてください。
猫の場合は人間のように巨大な結石ができることはまずないので、点滴や、背中の部分に水分を貯めこんでおく注射をして、数日様子を見れば治まります。

以上のような予兆があれば、すぐに獣医師に見せてください。
薬の服用で問題なく長生きする子もいれば、重篤な症状になってしまう子もいるため、まずは獣医師の判断を仰ぎましょう。

 

最後に

ヤマネコの血をひいていると言われるワイルドな風貌なのに、甘えん坊で飼い主が大好きで、後ろをついて歩いてくるピクシーボブは、想像するだけでかわいらしくてたまりません。大型猫なのでご自宅のスペースの問題もあるかと思いますが、見かけるチャンスがあれば、ぜひ、ワイルドな甘えん坊に骨抜きにされてきてください。

この記事は

クラウドワークスで猫好きライター様に制作していただきました。

ライター様は募集させていただきました。

copyright (c) CrowdWorks all rights reserved.