クラウドソーシングでニャー

クラウドソーシングと猫の2つをテーマにした新しいウェブメディアです。仕事や家事に疲れた時にちょっぴり癒やされるようなメディアを目指しています。

クラウドワークスが運営する「クラウドソーシング×」をテーマにしたウェブメディアです。

泳ぎが得意な猫!?ターキッシュバンの特徴と飼い方

Zach Looking Sad

ターキッシュバンという猫をご存知ですか?
普通の猫にはないたくさんの魅力を持っていて、猫好きさんなら誰だってその魅力に惹かれてしまうことでしょう。
そんなターキッシュバンの魅力をたっぷりとご紹介いたします。
ご興味のある方はぜひこの記事を読んでターキッシュバンの魅力にどっぷりとはまって下さいね。

 

ターキッシュバンの歴史・原産国

ターキッシュバンはトルコ東部で自然発生した猫と考えられています。
東アナトリア地方の山岳地帯で古くから人々に愛されていたこの猫がヨーロッパに伝わったのは1955年の頃でした。
トルコを旅していた二人のイギリス人記者とカメラマンがトルコ東部のバン湖で泳ぐターキッシュバンを見かけたのです。
元来、水が苦手とされている猫が泳ぐ姿に驚いた二人は2匹のターキッシュバンをイギリスへと持ち帰り繁殖させました。
以来、ターキッシュバンはヨーロッパで広く飼育されることになったのです。
1970年代に入るとアメリカへ持ち込まれ、すぐさまCFAとTICAという猫血統登録団体に公認登録されました。
それから1980年代に至り、計画的に繁殖が始まることとなりました。
ちなみに発見された時に泳いでいたことから「ターキッシュ・スイミングキャット(トルコの泳ぐ猫)」とも呼ばれています。

 

ターキッシュバンの特徴

スイミングキャットとして知られることとなったターキッシュバンは、特徴的な被毛のパターン(バンパターン)にも着目されます。
被毛の長さはセミロングで、その長さは季節により変わります。
夏より冬の方が長く柔らかい被毛に変わります。
被毛はビロードのような手触りで1本1本が耐水性を備え持っていて、皮膚が直接水に触れるのを防いでくれます。
またターキッシュバンの最大の特徴で「バンパターン」と呼ばれる被毛のパターンは、耳の周辺と尻尾だけに何らかの色がついていて胴体の被毛は白一色です。
この被毛のパターンは元来より地中海地方の猫に見られ、古くからこの地方の市場や野営の風景を描いた19世紀の絵画の中にも登場しています。
瞳の色は琥珀色か青色、またはこれらの色を合わせもったオッドアイが特徴です。
体格はがっしりしていて長くてフサフサとした尻尾を持っています。

 

ターキッシュバンの性格

ターキッシュバンは水を好む猫として知られています。
知能が高く、飼い主に対して従順なのでしつけのしやすい猫で、猫には珍しく仲間を作るのが好きで他のペットとも一緒に飼うことが出来ます。
一方で自由気ままな猫らしい気質も持っているので構いすぎには注意して下さい。
独立心が強く、束縛されるのが嫌いで抱っこが苦手な子が多いようです。
非常に活発で、狭い場所や閉じ込められるのも苦手なので飼育する場合には広いスペースを作って自由に行き来出来るようにしてあげるとよいでしょう。

 

ターキッシュバンの飼い方

Fizz

ターキッシュバンはとても遊ぶのが大好きで、ネズミとりなどのハンティングも大好きなので1日に数回時間を設けてよく遊んであげるようにして下さい。
高いところに登ったりするのも好きなのでキャットタワーを置いてあげるとよいでしょう。
ただし一般の猫に比べて少し大きめな猫種なのでキャットタワーや高いところに登る際には事故を防ぐために、きちんと固定してあげるようにして下さいね。
また、水に対して苦手意識のない猫なので水洗トイレやお風呂場、洗面所などの水場は注意が必要です。
いたずらされたり事故のないように対策はきちんと立てておくようにしましょう。
特に水槽を置いているご家庭は要注意ですよ。

また皮脂が分泌されやすいので、時々シャンプーをしてあげるとよいでしょう。
シルクコートのため毛玉は出来にくいとされていますが、定期的にブラッシングを行い、抜け毛を取り除いてあげて下さいね。

 

ターキッシュバンの平均寿命・体重・かかりやすい病気

ターバンキッシュの平均体重はオスで6kg前後、メスで5kg前後とされています。
一般的な猫よりやや大きめといったところでしょうか。
ちなみに中には9kgを超える大きな個体の子もいるようなので、飼育の際には十分なスペースを確保してあげた方が無難でしょう。


平均寿命は14〜16歳ほどで一般的な猫とだいたい同じくらいの寿命と言えます。
この猫種特有のかかりやすい病気は特にありませんが、被毛の色が白色で瞳の色が青の個体の猫は聴覚障害が生じやすいと言われていますので、日頃からよく観察してあげて少しでも異変を感じたらすぐに動物病院へ連れいってあげて下さいね。
他にも肥満などは寿命を縮める原因となってしまいますので、日頃から運動出来るような環境作りをしてあげるとよいでしょう。

 

ターキッシュバンの値段

ターキッシュバンは日本での流通が少ないため、入手するのが難しい猫種です。
そのため価格も40〜50万円と一般的な猫に比べてとても高価です。
ペットショップで出会うチャンスはほとんどないので、専門的に繁殖を行っているブリーダーを探すのが一番の近道です。
とはいっても希少価値の高い猫なので、探し始めてから手元に引き取るまでにかなりの時間がかかることを覚悟して下さい。

 

最後に

猫種の中でも珍しく水を怖がらない猫、ターキッシュバンは非常に魅力的ですね。
希少価値の高い猫ちゃんなのでそうそう出会う機会はないかもしれませんが、もしターキッシュバンに興味のある方が周りにいらっしゃったらぜひこの記事をお勧めしてあげて下さいね。

この記事は

クラウドワークスで猫好きライター様に制作していただきました。

ライター様は次の案件で募集させていただきました。

copyright (c) CrowdWorks all rights reserved.