クラウドソーシングでニャー

クラウドソーシングと猫の2つをテーマにした新しいウェブメディアです。仕事や家事に疲れた時にちょっぴり癒やされるようなメディアを目指しています。

クラウドワークスが運営する「クラウドソーシング×」をテーマにしたウェブメディアです。

日本では希少な猫!バリニーズの特徴と飼い方

Got the rainy day blues?

バリニーズという猫をご存知ですか?
バリニーズはシャムの突然変異で生まれた猫です。
この記事は、バリニーズを飼っている方やこれから飼ってみたいという方のために作成いたしました。
バリニーズを飼っている方、飼おうかと悩んでいる方、この記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

バリニーズの歴史・原産国

バリニーズは突然変異で生まれたシャムの長毛タイプの猫です。
1920年代、長い被毛をもって生まれてきたシャムを「出来損ない」とし、繁殖家たちはそのほとんどを家庭用ペットして安価で売り払っていました。
アメリカ西海岸に住んでいた猫の繁殖家のドーシーとニューヨークに住んでいた繁殖家のスミスは、1950年代にその美しい姿に惚れ込み、品種確立のための繁殖活動を行いおよそ20年かけて今のバリニーズの形にしたそうです。
結果、バリニーズは1970年CFAに公認登録されました。
品種名は認定当初「ロングヘアー・シャム」とされていましたが、猫の立ち居振る舞いがバリのダンサーの優雅さに通じるものがあるというスミスの考えで「バリニーズ」という名前が付けられたと言います。

 

バリニーズの特徴

バリニーズはシャムの長毛種とされていますが、実際にはそこまで長い被毛ではなくセミロングの長さです。
トップコートのみのシングルコートで手触りはシャム同様、滑らかでシルクのようです。また尻尾の毛は特に長く、羽根飾りのように広がっています。

体型は筋肉質ながらも全体的にほっそりとしたオリエンタルタイプ
耳、顔、四肢としっぽにチョコレートやライラック、シールやブルーなどのポイントカラーが入り、アーモンド型のサファイアブルーの瞳が特徴的です。
生まれたばかりの子猫の時はポイントカラーがないのですが、生後1ヶ月くらいから徐々にポイントカラーに変わっていきます。

 

バリニーズの性格

バリニーズは、感受性が強く愛情深く甘えん坊の子が多いようです。
シャムと同様、人懐っこく人見知りをすることもあまりないと言われていますが多少ワガママで神経質な部分も持ち合わせています。
人にあまりかまってもらえないとすねてしまう傾向にあります。
また頭がよく、他の猫種と比べると何をやるにも覚えが早い傾向があります。
もともと鳴き声が大きいとされていましたが、近年では改良が進みかなり改善できたようです。
とは言え、シャムがもともとおしゃべりな猫種なのでマンションなどの集合住宅ではご近所に迷惑がかからないよう注意が必要です。

 

バリニーズの飼い方

When camera appears, so does Simba!

遊び好きで運動能力が高いので、思い切り体を動かせるような環境作りが大切です。
マンションなど狭い部屋で買う場合は上下運動が出来るようにキャットタワーなどを置いてあげるとよいでしょう。
また、運動不足になるとストレスが溜まりやすいので、ネズミのおもちゃや猫じゃらしなどを使って十分遊んであげるようにして下さい。
甘えん坊な性格が災いして、留守番が多いと不安になったり人間不信になったりする子もいます。
出来るだけたくさん一緒にいてあげるようにして下さいね。
もともと賢く、好奇心も強いので教えてあげると、犬のように名前を呼ぶとやってきたり、投げたボールを取ってくるという遊びも出来る個体もいます。
ただし、手先も器用なので、その分いたずらには気をつけて下さいね。

お手入れについてですが、シャムの長毛種といってもせいぜいセミロングくらいの長さなので、被毛のお手入れは比較的楽です。
定期的にコーミングやブラッシングをしてあげるようにして下さい。
ただシングルコートのため、寒さには弱いので冬場の温度管理をしっかりやってあげるようにしましょう。

 

バリニーズの寿命・体重・かかりやすい病気

バリニーズの平均体重はオスで3.0〜4.8kg、メスで2.5〜4.0kgです。
平均寿命は11〜14歳となっています。
一般的な猫の平均寿命が15歳前後となっているのでそれよりは少し短いですね。
ただ、きちんと健康管理をしてあげることで寿命は長くなりますので定期的に動物病院で健康診断を受けてあげるとよいでしょう。
またシャムやバリニーズは遺伝性疾患を発症する可能性が非常に高いことで知られています。
中でも腎臓や目の病気・腫瘍の発症率は他の猫種と比べて高いと言われていますので日頃からよく注意してみてあげて、少しでもおかしいと感じたら動物病院へ連れていってあげるようにしましょう。

 

バリニーズの値段

バリニーズの価格帯は10万〜20万円とされています。
しかし日本国内ではあまり見かけることがないため、探すのには少し苦労するかもしれません。
見つからない場合は海外のブリーダを探してみて下さいね。

 

最後に

ここまでバリニーズについてまとめて来ました。猫種によって必要な環境や育て方は違ってきます。
ご自身の猫ちゃんの性格にあわせ環境や飼い方を整えてあげることでストレスが軽減されたり健康的に過ごせるようになります。
もし周りにバリニーズについてご興味を持たれている方がいらっしゃったらこの記事をぜひ勧めてあげてくださいね。
これからも楽しい猫ちゃんとの生活が送れますように!

この記事は

クラウドワークスで猫好きライター様に制作していただきました。

ライター様は次の案件で募集させていただきました。

copyright (c) CrowdWorks all rights reserved.