クラウドソーシングでニャー

クラウドソーシングと猫の2つをテーマにした新しいウェブメディアです。仕事や家事に疲れた時にちょっぴり癒やされるようなメディアを目指しています。

クラウドワークスが運営する「クラウドソーシング×」をテーマにしたウェブメディアです。

プードルのような猫!?デボンレックスの特徴と飼い方

IMG_6064

デボンレックスという名前の猫をご存知ですか?
日本ではまだあまり馴染みのない猫ですが、実はとっても魅力的な猫なのです。
デボンレックスにご興味のある方、飼っている方、飼いたいと思っている方、ぜひこの記事を御覧ください。
デボンレックスの魅力が満載です!

 

デボンレックスの歴史・原産国

デボンレックスの始まりは1960年のイギリスです。
イギリスのデボンジャー州に住んでいたベルリ・コックスという女性が1匹の縮毛を持つ雄猫「カーリー」と出会ったことに始まります。
当時、巻き毛の短毛種といえば「コーニーシュレックス」が有名でしたが、カーリーとコーニーシュレックスを交配させた結果、生まれた子供は縮毛ではなく全て真っ直ぐな毛の子猫でした。
実験的な交配を行った結果、カーリーはコーニーシュレックスとは違う遺伝種を持つ猫種だと判明したのです。
その後、アビシニアンやコラットなど様々な品種の猫と交配をかさねた結果、現在の姿のデボンレックスが誕生し、1960年代には英国で公認されました。
それから1979年についにアメリカのCFAにも認定されることとなったのです。

 

デボンレックスの特徴

デボンレックスの特徴は何と言っても体を覆うくるくるの巻き毛です。
コーニーシュレックスほど巻きは強くないものの、柔らかなスウェードのような肌触りで、毛色はブラック、ホワイト、ブルー、チョコレート、レッド、クリームなど様々な色があり、模様も様々です。
長毛の猫種との交配をさせた経歴もあるため、時々長毛種の猫が生まれることもあります。
またコーニーシュレックスとは違い、しっかりとアンダーコートがあり2層の被毛で覆われています。
体型はセミフォーリン型と呼ばれる体型で、一見ほっそりとしていますが筋肉質で骨太です。長くて細いしっぽを持っています。
顔はやや逆三角形の卵型。
顔の割に大きな耳が特徴的です。

 

デボンレックスの性格

デボンレックスは、好奇心旺盛で遊び好き、とっても活発な猫です。
その好奇心旺盛で活発なところは犬並みと言われ、同じ巻き毛を持つことから「プードルキャット」とも呼ばれています。
いたずらが過ぎることがたまにきずですが、飼い主を魅了するとってもおちゃめな猫です。
反面、デリケートな一面を持ち、静かな環境での生活を好むので飼育環境には気を配った方がいいかもしれません。

 

デボンレックスの飼い方

Tweedy

デボンレックスはとっても遊び好きです。
そのため、1日に1度はきちんと時間をとって一緒に遊んであげるようにしましょう。
また一人遊び用のおもちゃやキャットタワーを置いてあげると一人で上手に遊ぶことが出来るかもしれません。
意外に依存心が強いので、一人で留守番することが苦手です。
出来るだけ、長時間の留守番は避けるようにしてください。また犬との相性が良いことも知られていますので、他のペットを一緒に飼ってあげると寂しさが軽減するかもしれません。とはいえ、他のペットを迎え入れるときはお互いの相性を見つつ慎重に判断するようにしてください。
また抜け毛は少ないので、一週間に2〜3回のブラッシングで十分です。
大きな耳のせいか、耳の中がやや汚れやすいので耳のお手入れもしっかりしてあげるようにして下さい。
寒さにはやや弱い傾向があるので、冬場は部屋の温度管理をしっかりするようにしましょう。
食事量は他の猫に比べて少なめです。

 

デボンレックスの平均寿命・体重・かかりやすい病気

デボンレックスの平均体重は2.5kg〜5kgと他の猫に比べるとやや小型です。
肥満にならないように食事の量には気をつけましょう。
また平均寿命は10〜13歳前後、他の猫の平均寿命と比べるとやや短めといったところでしょうか。
またデボンレックスは元々がたった1頭の猫だったために、猫種確立の際に近親交配を避けられなかったという歴史もあります。
そのため血液や心臓、皮膚や神経、関節などに遺伝性の疾患がいくつか見られる傾向があります。
てんかんや失神、ひざや肘の脱臼等見られたら要注意です。
すぐに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

 

デボンレックスの値段

日本ではまだデボンレックスのブリーダーは少ないので、入手するには少し時間がかかるかもしれません。
ペットショップで見かける機会もほとんどないでしょう。
どうしてもデボンレックスを飼いたいと思ったら、キャットクラブに問い合わせるのも1つの手です。デボンレックスのブリーダーを紹介してくれる可能性もあります。

デボンレックスの値段はブリーダーにもよりますが、30万円前後です。
個体数が少ないため、他の猫種に比べると多少高価なのは仕方のないことかもしれません。
また海外のブリーダーから譲り受けるという手もありますが、価格が国内販売価格の2倍以上になる可能性もあります。
手続きにも手間と時間がかかるので、出来れば日本国内のブリーダーを探した方が安心です。

 

最後に

デボンレックス、いかがでしたか?
国内にまだ個体数が少ないとは言え、とっても魅力的な猫種です。
お近くにデボンレックスに興味のある方がいらっしゃったらぜひこのサイトを教えてあげて下さいね!

この記事は

クラウドワークスで猫好きライター様に制作していただきました。

ライター様は次の案件で募集させていただきました。

copyright (c) CrowdWorks all rights reserved.